平成26年度海フェスが始まった

今年舞鶴最大のイベント『海フェス』が、いよいよ幕を開けました。

毎年全国の港湾都市が持ち回りで開く国レベルのイベントです。海の良さと海と私たちの生活との関わりを、それぞれの視点からアピールし、再認識していこうという催しです。今年は舞鶴市をはじめとし、京都北部の5市2町がその開催地としての責任を負ったわけです。ですからこのイベントは舞鶴市の、というよりは京都府の、と言った方が正しいかもしれません。

我が友愛サービスは、このイベントに関わるほとんどの行事をお手伝いさせていただくことになりました。名誉に思う反面、責任の重大さをひしと噛みしめて、お仕事させて頂いております。

仕掛けが大掛かりなので、設営準備は3日も前から取り掛かかり、物資も人でもすっかり使い切りました。

IMG_1123IMG_1127IMG_1128IMG_1130 ユニックと高所作業車を使い、ビッグテントと野外ステージを組み立てます。テントはたくさんの来場者がイベントを楽しみつつくつろげる場所です。ビッグテントではイベントを最大に盛り上げるための催しが開かれます。

IMG_1129ステージの裏に楽屋用のテントと、パイプで骨組みをして控室の目隠しをします。

IMG_1124 IMG_1125 IMG_1126 大野辺緑地公園には出店のための色とりどりのテントが約50張。壮観です。

準備はテントを立てたり、ステージを組んだりするだけでなく、いろいろと細かい手配り気配りが必要になるので、時間はいくらあっても足りません。夜はガードマンに機材等に異常が起きないよう警備をお願いすることになりました。

続きます

カテゴリー: ブログ, 会場設営 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>