京都府原子力防災避難手順と経路の確認

1月25日に、京都府の大規模避難訓練の最終回が、与謝野町と間人で行われました。

今回は地域の皆さんももちろん参加されますが、京都大学の先生をお招きしての講習会がメインです。これまでの二回に比べるとやや小規模でしたが、コンパクトな充実感がありました。

CIMG2307CIMG2265CIMG2267 野田川ワークパルがメイン会場でした。各地域から集まった方々は会場内の入り口に設置されたゲートモニターを通過して放射能チェックします                       CIMG2273CIMG2276CIMG2283 会場内は展示コーナーと講演会コーナーとしっかりとプラチェーンで仕切られています

CIMG2271CIMG2270CIMG2287 会場内はどこも動線はプラチェーンで仕切られ、矢印で方向が示されています。当日の資料とレインコートも配られました                            CIMG2284CIMG2285CIMG2291 広い会場後方には昨年末実施された防災訓練を写した資料を掲示したパネルが並べられています

CIMG2304CIMG2313CIMG2311 地域の皆さんはバスに分乗して会場入りです。皆さん熱心に講演を聞いていらっしゃいました。

IMG_1739IMG_1737IMG_1746IMG_1745 カニの名所間人でも、同じように講演会等が行われました。展示方法など、会場の規模や形状で若干の違いはありましたが、どちらの会場も真剣そのものの人たちでいっぱいでした。

CIMG2275 事前の天気予報では、雪の心配もされていたので玄関マットの用意もしてあったのですが、結局使わずじまいの好天に恵まれました。友愛さんのお仕事も順調にすべりだしました。

カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>