ポリテクビジョンin舞鶴 2015

少しお知らせが遅くなりましたが…

2月27日、28日に、舞鶴にあるポリテクカレッジで恒例のポリテックビジョンが開催されました。これはこの一年間に学んだこと、研究に取り組んだことを作品の展示や発表を通して、その意欲や姿勢、方向性を広く知ってもらうことが大きな目標です。

今年のテーマは『夢への挑戦』です。

ものづくりの技術の習得を通して、一人一人の夢の実現へ向けた力を養っていくことが、このテーマの芯にあるようです。

IMG_1784IMG_1785               『つよくなろう 好きなことで』『つよくなれる 社会にでても』と、その意気込みが伝わるコピーが新鮮です

いっとき、教育の新しい方向性を示す言葉としてミミタコのように聞かれた『モノ造り』『考える力』が、最近飽きられたのか、定着して普通の言葉になったからか、あまり耳にすることがなくなりましたが、このポリテクビジョンでは、まだまだその重要性が力強く伝わってきます。

IMG_1788IMG_1789IMG_1791IMG_1786IMG_1800IMG_1803 木工作品から3D プリンターまで、子供のおもちゃから風力発電まで…と、その着眼点と発想力は、なかなか凄いものがあります。教わったことをただ覚えるだけの学習ではこうはいかないのではないかと感じます。また…

IMG_1790IMG_1782IMG_1783          展示会場で出来上がり予想の模型を展示していたグループは、実際に校庭で本物の作品を制作していました。これはこの後も後輩たちの良い手本となっていくのではないでしょうか。ちなみに…この制作にあたっている青年は、木工関係の就職が決まっているそうです。立派な職人さんになってくださいね。

28日には、展示の発表だけでなく、記念の講演会もありました。これがなんと素晴らしい!講師はレスリングの吉田沙保里選手とナショナルコーチの栄和人さんです。『夢や情熱を持ち続ける』をテーマに、一時間の講演でした。

IMG_1805IMG_1810IMG_1812IMG_1814IMG_1819IMG_1824 吉田選手や、栄コーチのような実績は、楽に好きなことばかりをしていて得られるものではありません。その栄光を掴むためにどれほどの思いを重ね、汗をかいてきたのかを、そしてその努力の支えになっていたのは何なのかを、自らの体験を通してお話してくださいました。情熱を持ち続けるということはなかなか大変なことです。でも目標をもって、自分の重ねてきた努力に誇りを持って頑張ることで結果が得られるのだと、お話を聞いて感じることが出来ました。

ポリテクの生徒さん達も、もうすぐ巣立ちの時期を迎えます。でも巣立ちはスタートです。目標をもって続けることを大切にして頑張ってほしいと思います。

今回この新しい力の門出を飾るイベントのお手伝いをさせて頂くことが出来て、あらためて友愛サービスも≪夢をもって続ける≫ことを頑張ってみようと、背筋がシャンとする思いでした。

カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>