「らくよう」竣工式

京都府の海は日本海、若狭湾に面しています。獲れる魚もブリにアマダイ、サワラ、カレイ、メバル、アワビ等々の他、冬にはカニが特産です。「丹後とり貝」や「丹後グジ」などの名産品もあります。

海はたくさんの資源を育ててくれます。京都北部が豊かな食材に恵まれているのも、海のおかげでもあります。

その海にも違反操業や密猟といった困った出来事が少なからずあって、これらを取り締まるために京都府水産事務所では漁業巡視艇をもっています。この度老朽化した旧「らくよう」の代わりに新しく能力アップした新「らくよう」が正式にお目見えし、竣工式が催されました。

CIMG2735CIMG2733CIMG2737 船体は軽合金アルミ製で、総トン数60トン。進装置がウォータージェットに変わり、ワイ高速度38ノット(時速約70㌔)を出すことが出来ます。

CIMG2713CIMG2714CIMG2716  竣工式の準備は友愛サービスがしっかりとお手伝いさせていただきました

CIMG2718CIMG2722CIMG2725CIMG2732 いろいろと細かい準備も怠りありません

CIMG2745CIMG2750CIMG2760  たくさんの漁業関係者を前に、来賓の皆さんの挨拶があり、テープカットも滞りなく行われました。

ルールを守って海のレジャーも楽しんでもらいたい、と、らくようの船長さんもおっしゃっておりました。

これから大型連休や夏がやってきます。日本海の魅力を存分に味わって楽しんでもらうためにも、「らくよう」は活躍します。

カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>