京都府原子力防災訓練

11月最終の土曜日の28日に、京都府原子力防災訓練が与謝野町の野田川わーくぱるで実施されました。昨年度に引き続き、我が友愛サービスはこの大きなイベントをお手伝いさせて頂くことができました。

準備は様々な物品を揃えるところから始まります。訓練の内容が内容だけに、特殊な仕様の物が多く、いつものように問屋さん頼みとはいきません。ひとつづつ丁寧に探していきます。ウェットティッシュにも防災用のものがあると、初めて知りました。こういうお仕事をさせて頂くと、いろいろと勉強になることがたくさんあります。

CIMG3547 CIMG3552 CIMG3553 CIMG3583       前日までの心配もよそに当日は朝からかなり良い天気に恵まれました。

CIMG3555 CIMG3559 CIMG3560 CIMG3562 CIMG3564 CIMG3565 CIMG3567 CIMG3568      野田川わーくぱるは前日からの準備も完璧で、会場の中も外もすっかり用意が整っています。

CIMG3571 CIMG3576 CIMG3580 CIMG3586      自衛隊の準備も整い、記録用の映像を撮るカメラマンもスタンバイOKです。あとは訓練開始を待つばかり…

IMG_2967 IMG_2970 IMG_2976 IMG_2978               訓練が始まり、各地からの避難者を乗せた大型バスが到着します。どの車両も車両用のゲートモニターを通り、汚染状況を把握したうえで除染作業が行われます。各車両とも噴射される水流で洗い流され、タイヤの隅々まで洗浄されます。この作業は陸自の皆さんが行っておられました。

CIMG3681 CIMG3704 CIMG3684 CIMG3697 CIMG3700 CIMG3712 IMG_2986 IMG_2990        バスから降りた避難された方々は、ホールの中に誘導されてそれぞれのチェックと除染作業を受けられます。

IMG_2991 IMG_2992 IMG_2995 IMG_2996         傷病者が発生したという設定で救急隊が駆けつけます。担架が運び込まれ、傷病者を声掛けしながら適切な処置で担架に乗せ、運び出すまで2分とかかりません。さすが見事な手際です。

IMG_3030 IMG_3035 IMG_3033 IMG_3034      それぞれ避難と除染の実習体験が終わった後、たくさんの皆さんはほーるに用意された座席に座り、今日の訓練の意義や、原子力についての講演を聞かれました。みなさん、配布された資料に目を通しながら、話を真剣に聞いておられました。今回の訓練には小学生も先生の引率のもと、大勢参加しておられました。

IMG_3039 IMG_3037 IMG_3038 IMG_3040 CIMG3732 CIMG3733 CIMG3730 CIMG3735      訓練が終わった後は時間もちょうどお昼時。自衛隊の炊き出し訓練で用意された特製カレーが参加者の皆さんに配られました。全部で300食用意されたようですが、間に合うかどうか…心配です。でも、暖かいカレーのお皿を受け取った皆さんはそれぞれに場所を見つけてホカホカの出来立てを堪能されていました。

福島の事故以来、原子力の安全性に対しての関心が高まっています。快適で安心な生活を手に入れるためにも、日ごろの物心の備えが必要なことは言うまでもありません。一年に一度の訓練ですが、この笑顔がいつまでもどこまでも続いていくように、そのための備えとして大切にしたいイベントです。友愛サービスは今年もこのお手伝いができたことを、心から誇りに思っています。

カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>