京都府原子力防災訓練がありました

約一か月の準備を経て、1月25日に京都府の原子力防災訓練が福知山市の三段池公園をメイン会場に、実施されました。

早朝7時の気温はかなり低く、まだまだコートの襟を立てたまま、ダウンジャケットの下にはベストを着こんで、京都府北部の3市(舞鶴市、綾部市、福知山市)の各地域で防災訓練は始動しました。

IMG_0572        IMG_0573   舞鶴市の前島埠頭に住民避難のために集結した大型バス、避難する住民の方々を待ちます。

今回の設定は、高浜の原電で事故があったという設定での広域避難訓練ですから、他の2市でも避難する住民の方々を乗せる大型車両が配置されています。それぞれ各地域から警察車両で先導され、福知山市の三段池公園の避難所まで誘導されてきます。

IMG_0597   IMG_0611 IMG_0615 避難する方々を乗せた車両がゾクゾクと集まって着ます。

避難場所になっている武道場にはスクリーニングや除染、緊急被ばく医療などの各処置を実施できる装置が設営されており、避難してきた皆さんに体験実施をしました。

RIMG0057 避難してこられた方々は武道場の中へRIMG0067 それぞれスクリーニングや除染の体験をします。

白い防護服はちょっと緊張感を生みますRIMG0043

会場の外には、緊急の場合にいつでも即対応できる体制を整えた自衛隊の部隊が待機しています。

自衛隊の車両にもいろいろあるんですよね。知りませんでした。でも、今回この機会に目の当たりにして、スゴイ!と思うと同時にちょっとだけ安心感も生まれましたが、でもいつまでもこの装備の出番がやってこないことを願うばかりです。

RIMG0037   IMG_0581

寒さと霧に包まれた早朝からの原子力防災訓練も、日が高くなるにつれ良い天気になり、若干の暖かさも感じる日差しに恵まれました。

今、最も緊張感のある話題の原子力防災の訓練ですから、主催者はもちろん、そのお手伝いを仰せつかった我が友愛サービスも、ただただ一生懸命になって頑張るしかなかったのですが、天候にも恵まれて無事に終えることができました。ご協力いただいた多くの皆様に心から感謝です。

そして、府の大仕事に友愛サービスが参加できたことは、これからの大きな励みになります。お役に立てたことは本当に何よりの喜びです。これからも友愛サービスはたくさんの皆様のお力になりたいと望んでいます。

 

カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>