主要地方道亀岡園部線開通式

主要地方道亀岡園部線は亀岡市と南丹市園部町を結ぶ桂川両岸地域の骨格をなす幹線道路で、災害時における緊急輸送道路にも指定されています。JR嵯峨野線、保津踏切には歩道がなく、京都~園部駅間の複線化により渋滞が悪化するなど交通のネックとなっており、また平成25年9月の台風18号では洪水で踏切前後の区間は完全に水没し長期間にわたり全面通行止めとなりました。この高架道路は鉄道を高架橋で跨ぐことで、踏切による渋滞や事故の危険性などの交通のネックを解消するとともに緊急輸送道路としての防災機能強化を図ることができるそうです。

我が友愛サービスはこの大変に意義のある事業の完遂・開通を祝う催事のお手伝いさせて頂くことになりました。地理的に舞鶴からは遠い所のようではありますが、同じ京都府民として大いに喜ばしいこの事業に関わらせて頂けたことは、本当に名誉なことで、大いに頑張らせていただいてまいりました。

IMG_0936IMG_0937  新しい道路は白いラインもくっきりと見やすく引かれ、眼下はJRの踏切を行きかう車がしきりです。

IMG_0939 IMG_0940 IMG_0942 IMG_0944  テントの骨組みを並べて組み立て、テントを被せて脚には紅白のカバーを被せます。

IMG_0948 七張のテントを立てたのですが…

IMG_0945ものすごい強風で… そんな時は安全第一の工夫をします  IMG_0946 IMG_0947 IMG_0951   はすかいの部分は固定して、絶対にはずれないようにします。そして足にかませるウエイトはいつもは足一本40㎏なのに今回は60㎏です。

とにかく、準備にあたった式の前日は風が強すぎて、明日の式は本当にできるのか…?的な感じでした。式場の華のアーチはエアアーチなので、風が強ければ飛んで行ってしまう…事故の心配も出て来ます。

結局当初の計画より、位置を大幅にずらしてテントの位置を移動することになりました。ギリギリになっての決断は勇気がいることですが、安全のためには止むを得ないことです。

IMG_0956 翌、式典当日は心配された風もほぼおさまり、IMG_0964 屋内の会場も、無事に整い、開通式式典は滞りなく挙行されるはこびとなりました。

IMG_0970 主催者並びに来賓からの式辞、祝辞が述べられ、IMG_0973 テープカットと久寿玉の用意も整い、IMG_0983 たくさんの人の喜びの拍手の中、無事に式典は終了しました。

地域の生活に必要とされる道路や橋の整備は、生活のため、防災のため、物資の流通のため等々、様々な理由で急がれています。この式典に集まった地域の方々の笑顔が、そのことをよく表しているように思いました。

人々を笑顔にする。これが友愛サービスの願いです。こんな催事に参加さえて頂けたことを、友愛サービスは心から誇りに、そして喜びに思い、ますますこれからの励みにしていこうと思います。

 

カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>