舞鶴引揚記念館

IMG_2427 IMG_2428         今日≪舞鶴引揚記念館≫がリニュアルオープンしました。 長いこと改装のために閉館していましたが、本日装いも新たに公開されることになりました。かつて舞鶴港がシベリア抑留者の帰還港であったことと、抑留者のおかれた過酷な環境を、その事実を実際の資料をもって展示し後世に遺そうという、舞鶴市の柱のひとつともいうべき施設です。 最も長く抑留生活を送られた方は11年といいます。過酷な労働と貧しい食事、衛生的にも劣悪な環境の中で、ただ日本への帰国を願いつつ耐えられた日々の記録が展示されています。今、私たちが当たり前のように享受している豊かなモノに囲まれた生活の礎には、これら今では想像することすら難しい先輩たちの汗と想いが積み重ねられているのだということを改めて知らしめられる、ここは記念館です。

IMG_2431 IMG_2429 IMG_2430 IMG_2433 記念館の入り口には、日本と大陸の地図を床一面に表示し、実際の距離がどのくらいなのかを実感として感じられるようになっています。ビデオ上映のコーナーも設けられ、抑留と引揚の流れをわかりやすく説明されています。そして、ユネスコの記憶遺産を目指しての志をはっきりと示される中、展示室へと入っていきます。展示室の入り口の写真は、ソ連軍によって武装解除される日本兵の写真が壁面一面に掲示されています。

 

IMG_2434  IMG_2439 赤紙≪召集令状≫です。     この令状を受け取った日本人は各地から激励の声に送られて戦地に赴きました。

IMG_2451 IMG_2444 IMG_2452 IMG_2442   旧日本軍から支給されていた衣類を身に着け寒さをしのぎ、収容所で支給される食料も乏しく、日中飲まず食わずの重労働に耐えるため、収容所内ではほとんど体を動かさずに体力を温存していたということです

IMG_2436 IMG_2437 IMG_2438 IMG_2440  白樺の木の皮に手作りのペンと墨汁で、日々の想いと亡くなった同僚への想いなど和歌に綴った白樺日記も展示されています

IMG_2435 IMG_2448 IMG_2449 IMG_2450 IMG_2445 IMG_2446 IMG_2443 IMG_2447  多くの見学者が展示物の前に立ち止まり、一つ一つにじっと見入っておりました。抑留を経験した帰還者の描いた様々な絵画の展示も、リアル感をかき立たせてくれます。

戦争は、終わった後もなお悲劇が続くことを改めて心に強く刻み込むことのできた展示でした。

見送った友は帰って来なかった。                               ほとんど視力を亡くした目に涙をにじませ、語ってくれたお年寄りの言葉が改めてズシリとした重みをもって思い出されます。

 

カテゴリー: ブログ | コメントする

今年も魚祭りです

CIMG3362

ポスターも賑やかで…

今年も≪魚まつり≫が行われました。

友愛さんは今年も会場設営のお手伝いをしましたが、な、なんと撮影班はちょっと事情により(?)出動できず、写真なしの記事になってしまいました。

今年は設営の日が大漁で、魚まつり当日にはお魚を特別にお安く売っていたようです。(なんと鯖が一尾100円ですって!) なんにせよ、魚がたくさん獲れるということは海辺の街には良いお知らせです。

で、その魚まつりの賑わいを写真がないので、ここでリアルにお知らせできないのが残念です。

いつも皆さんが楽しみにしていたクジはありませんでしたが、クロダイの稚魚の放流やスタンプラリーなどお楽しみ企画が盛りだくさん。海上自衛隊・舞鶴音楽隊の演奏も素敵でした。昨年も思ったんですが…自衛隊員さんにも歌姫がいるんですね…素敵な歌声に、ちょっとの間聞きほれてしまいました。

≪魚まつり≫は舞鶴水産流通協同組合様の主催ですが、漁港の街舞鶴の一大イベントということで、官民一体になって盛り上がる企画です。こんなイベントをもっと盛り上げていくことで、舞鶴の街にたくさんの人が来るようになってくれるといいですね。こんなiイベントのお手伝いをさせていただけることに、友愛さんも改めて襟を正す思いがいたします。

 

カテゴリー: ブログ, 会場設営 | コメントする

マリナー・オブ・ザ・シーズ

舞鶴港に、アジア最大の豪華大型客船≪マリナー・オブ・ザ・シーズ≫が入港しました。

CIMG3325

舞鶴港に入港した船の中でも、過去最大の大型船です。

全長310m、全幅48m、全高63m、総トン数13.8万トンの大型客船です。

これまで大型客船の寄港に使われていた第二埠頭では狭いということで、国際埠頭への入港となりました。ここは普段は貿易の荷物の積み下ろしのために使われているのですが、今回はこの船の入港のためにいろいろと整備が進んでいました。

にもかかわらず、前日までは台風18号の進路とその影響を心配し(最悪、寄港なしもありかと一部で囁かれ…)、結局入港歓迎のテント等設営準備は当日10日早朝仕事となりました。

で、暗いうちからのお仕事で、若干の眠気とも折り合いをつけながら、テント準備、エアテント(エアロシェルター)準備、その他の机やいすなども並べて、ややホッとした午前6時過ぎたころ、マリナー・オブ・ザ・シーズは、舞鶴の入り江の口に姿を現しました。

CIMG3306CIMG3308CIMG3309CIMG3312 台風一過とはいえ、早朝には晴れ間もなく低く雲がたなびきます。テントもエアテント(エアロシェルター)も、友愛さんはテキパキと準備を進め、手早くお仕事が済んでいきます。エアテントは重りをたくさん装着します。

CIMG3313CIMG3317CIMG3321 うっすらと朝靄ののこる早朝の入り江に姿を現しマリナー・オブ・ザ・シーズはゆったりと、そして堂々とした威風を示しつつ2隻のタグに導かれ舞鶴国際埠頭にその舳先を向け進みます。この船がどれだけ大きいかは、そばのタグとの大きさの違いを比較して下さい。

CIMG3326CIMG3328CIMG3331 岸壁近くに来ると、ゆっくりと船体を旋回し、舳先を入り江に向けて接岸です

乗客は約2900人。ほとんどが中国からのお客様で、京都市内へ観光に行かれる方が多いなか、舞鶴市内で観光を楽しまれた方もたくさんいらしたようです。

IMG_2415IMG_2419IMG_2420IMG_2422 観光のために用意された観光バスは50台。埠頭には銀行の移動ATM も用意され、お買い物のためのバックアップは完璧です。そして埠頭のなかにはお約束、舞鶴名物の肉じゃがはじめ、地域の名産、特産品のお土産コーナーも開設されました

今回は初めて、大型客船を海上から見ようという企画で、見物クルーズ船が出ました。

IMG_2408IMG_2394IMG_2401IMG_2404IMG_2411IMG_2402IMG_2395IMG_2407 海上から見る舞鶴の風景は、のんびりとした雰囲気が漂っています。海上から角度を変えつつ見る大型客船は、お客様の少ない時間も新しい出発に向けての準備をお船の手入れが着実に行われているのが見えました。緊急用のゴムボートの点検って、こんな時にも行っているんですね。

IMG_2421IMG_2423IMG_2418IMG_2424 夕方、観光とお買い物を済ませて帰って来られたお客様達は、埠頭に用意されたテントで一休み。即席の税関で手続きを済ませて船に乗り込みます

CIMG3333 CIMG3346 CIMG3355 すっぽりと夕闇に包まれた夜10時。一日の舞鶴、京都の思い出をいっぱい抱えて≪マリナー・オブ・ザ・シーズ≫は次の目的地へ向けて静かに出向していきました

こんな風に、世界からのお客様が舞鶴はじめ京都北部にたくさんいらして、さらにもっともっと多くの人に興味と関心をもってもらうことができるように、舞鶴ってこんなに素敵なところなんだよって、世界中に注目してもらえるように、私たちもまた頑張らねばって、そう思った一日でした。舞鶴のグローバル化にちょっとだけお手伝いできた満足感で今回のお仕事を終えることができました。

 

カテゴリー: ブログ, 会場設営 | コメントする

≪飛鳥Ⅱ≫がやってきた!

“海の京都”の玄関口、舞鶴港に9月2日早朝、豪華客船≪飛鳥Ⅱ≫が入港しました。

IMG_2350

最近は豪華客船クルーズがはやっていますが、この船はその中でも日本船籍のやや小柄ながら気品あるスタイルの船です。聞くところによりますと、船内での生活はすこぶる快適でお食事もかなりイケてるそうです。

舞鶴港への豪華客船の入港は今年はやや少なめですが、港の整備も着々と進んでおり、いつもはテントで対応していたお土産の売店や、お休みどころには、新しく建屋が完成して、空調完備のおもてなしが出来るようになりました。

IMG_2372IMG_2371IMG_2368 外観には京町屋風のデザインも取り入れ、内部は広々としています。ここに使い勝手を考えながら机と椅子を並べて、観光客の皆様にご利用いただきます

IMG_2348IMG_2347IMG_2345 朝日に映えて、飛鳥Ⅱの真っ白な船体はキラキラと光っていました

IMG_2355IMG_2357IMG_2359IMG_2362 船と乗客の皆さんを迎えて歓迎式が行われ、かわいい幼稚園の皆さんのチアリーディングも披露されました

IMG_2376IMG_2374IMG_2373 コース別の見学地をまわるため、たくさんの観光バスとハイヤーが港に待機しています。チョキ丸のお見送りの中、乗客の皆さんはそれぞれの観光に出発していかれました

IMG_2382IMG_2390CIMG3302CIMG3303 夕暮れ迫る中、午後18時に飛鳥Ⅱは出港していきました。舞鶴と、京都北部のお土産と思い出をいっぱい抱えたお客様は、おいしい夕食に舌鼓をうちながら、きっと舞鶴寄港の思い出を語り合っておいでになるでしょう。

舞鶴はたくさんの皆様にその良さを知ってもらい、もっともっと多くのお客様に訪れて頂きたいと心からお待ちしております。舞鶴の海は日本海と言えど穏やかで夕日が美しく映えます。ぜひ、ぜひ、世界中のたくさんの皆様に来ていただけるようにと願いを込めて、友愛サービスは今回もお手伝いさせて頂きました。

そして…9月10日には超大型クルーズ客船≪マリナー・オブ・ザ・シーズ≫がやってきます。舞鶴港入港、過去最大の大型客船が国際埠頭に着岸します。

 

カテゴリー: ブログ | コメントする

インターハイ≪レスリング≫

IMG_2250                                          今年の高校総体…インターハイのレスリング競技は舞鶴市文化公園体育館で行われることになりました。

インターハイは、あらゆるスポーツに取り組む高校生にとって最高の目標になる大会です。全国から選ばれた、次代を期待されている精鋭たちが集い、その心と技と体の確かさを競います。ですからここには大会に出場する選手だけでなく、彼らを応援してやまない人たちも大勢集まります。当然、大会会場はものすごい熱気です。これは35度も越えようとする外気温のせいだけではありません。入っているはずのエアコンが、ほとんど感じられないのも当然かもしれません。

CIMG2951CIMG2962CIMG2963本番の3日前から体育館の床には全面保護シートを敷き詰めました

CIMG2919CIMG2922CIMG2927 敷き詰められたシートの上に、レスリングのリングが組み上げられていきます

CIMG2953CIMG2972IMG_2241  2日前には役員さん方が並ぶステージの設営、各種掲示用の掲示板、役員席等々の用意しました

CIMG2954CIMG2955IMG_2244  設営されたリングの上には生徒さん方が手際よくマットを敷き詰め、試合用のリングが徐々に出来上がっていきます。友愛さんは50g刻みのデジタル体重計を用意しました。体重別階級制の競技ですから、そこは大事なところです

IMG_2247CIMG2974CIMG2976 リングが出来上がりました!4面のリングには、それぞれ60インチのテレビモニターが設置されています。用意は万端です

RIMG0039RIMG0037RIMG0035  広場には物販用のテントが並びました

IMG_2284IMG_2285IMG_2286  そして8月2日に4日間にわたる大会の幕が開きました。全国から集まった選手たちも緊張した面持ちの開会式。アリーナにはそれぞれの学校の応援旗が張り出され、いよいよ雰囲気も盛り上がってきています

IMG_2295IMG_2296IMG_2297IMG_2298IMG_2303IMG_2302 廊下には組み合わせ表が掲示され、それぞれに関心のある試合の確認をして準備を整えます。そして試合が始まりました。どの選手も力いっぱい全力を出し切って、ここまで積み上げた成果を思う存分発揮しようと頑張っています。

どんな競技でも勝ち負けがある限り、最後まで残るのはたった一人、一チームです。でもその結果がすべてではないことも、ここに集まった選手関係者の皆さんは知っています。だから全力で戦う選手たちに、みんなは全力で応援をするのです。選手だけでなく、ここまで来るためにたくさんの人たちが“頑張って”きました。その頑張りが素晴らしく尊いものだということを、皆さん一人一人が宝として胸に刻んでほしいと思います。

友愛サービスもこんなに素敵なエナジーの満ちたイベントをお手伝いできたことが本当に清々しく、うれしいキャリアになりました。ここに集った皆さんのエナジーを少しばかり分けてもらって、またこれからも頑張ろう!と改めて○○○○を締め直しておるところです。

 

 

カテゴリー: ブログ, 会場設営 | コメントする

暑い夏の≪海づくり大会in宮津≫

CIMG3155                                                                  今年も海づくり大会の季節がやってきました。今年は宮津の漁港で行います。

IMG_2277CIMG2985CIMG2997 いつもは魚のセリで賑わう広場には、式典やイベントに向けたステージと客席、そしてその後方にはお客さんが日陰のもとでくつろげるよう、椅子とテーブルが用意されました

CIMG2993CIMG2999CIMG3019 市場の広場にはたくさんのテントが用意されました

CIMG3004CIMG3003CIMG3009CIMG3006 物販のお店もたくさん並びました。美味しそうな土地の食べ物が並んでいます

CIMG2991IMG_2304IMG_2306  海洋高校の実習船“みずなぎ”と京都府の海洋調査船“平安丸”も接岸し、内部を見ることが出来ました

CIMG3034CIMG3043CIMG3073 今年のおさかな展示の目玉は涼しさ満点のクラゲさんです

CIMG3117CIMG3123CIMG3133CIMG3136 稚魚の放流も行われました

CIMG3045CIMG3047CIMG3048CIMG3052CIMG3057CIMG3059CIMG3118CIMG3119CIMG3120 地元の皆さんによる郷土芸能、勇壮な≪漁師町浮太鼓≫や宮津市内の選抜小学生による演奏もイベントに華を添えます

CIMG3078CIMG3082CIMG3085 様々な展示物にもたくさんの人が興味深げに見入っていました

CIMG3139CIMG3140CIMG3142CIMG3143 お約束の地元ゆるきゃら達も大集合

IMG_2307IMG_2308IMG_2309 この大会で、参加者も来場者もきっと一番に楽しみにしているのは“セリ体験”でしょう。合計20箱の保冷箱に詰められた超新鮮なおさかな各種を、本物のセリのような気分で競り落としていきます。スーパーの値段より、かなりお安くしかも最高のお魚さんを、皆さん競り落としてご満悦でした。

海は資源の宝庫だと言います。宇宙に目を向け憧れるのも未来志向だと思いますが、海はまだまだ未知の要素にあふれた世界です。そしてその豊かな資源の第一が“食”に生かされている魚介類や海藻類です。あまりに身近すぎて気付かないものかもしれませんが、≪本当に大事なものは見えないんだよね≫と言ったのは星の王子様です。海は本当に大事なものに溢れています。もっともっと海に近づいて、海の偉大さを知ることが出来たら私たちの未来はもっと明るく大きなものに開けていくのではないかと…ちょっと思っています。そして、こんな素敵なイベントのお手伝いを今年もさせて頂けたことに感謝です。

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ, 会場設営 | コメントする

赤れんがで≪子育て学習プログラム≫

夏休みに入ってから、外にいればクラクラするほど暑い日が続いています。でも、この休み中は普段できない学びを体験的に学ぶ機会をもつ絶好の時期でもあります。

この度舞鶴赤れんがパーク4号棟で、京都府の“実験体験教室”≪子育て学習プログラム≫が行われました。

近頃は少子化が社会的な大きな問題になり、解決すべき課題の一つとして語られることも多くなりました。その原因には様々な要素があると思いますが、同時に核家族化も進み、子供を育てる絶妙なノウハウを、世代間で伝え合うチャンスが失われ、実際に子供を持つことに不安を持ったり自信をなくしたりしている方々も増えてきているのではないかと思われます。

そんな中、この企画は新しい知識と、子供へのより望ましいアプローチの仕方を、専門的な知識をもった方々からレクチャーを受けつつ、将来の『親』としての準備をする良いチャンスなのではないかと思います。

IMG_2253IMG_2251IMG_2252  4号棟の中には利用者が直に座れるよう、シートを敷き詰め、幼児との触れ合い体験のコーナーにはおもちゃが用意されています

IMG_2254IMG_2256 参加校の表示や展示ボードも用意されています

IMG_2259IMG_2260IMG_2267  80人の中学生と高校生が集まって講習が始まりました。中・高校生達は、皆熱心に講師の先生の指導に聞き入り、身体を動かしていました

IMG_2262IMG_2263IMG_2266  4号棟の二階にはブルーシートが敷き詰められ、中・高校生達の私物置場や昼食場所が用意されています

集まった生徒さん達はこれからの社会を担っていく大切な使命があります。子育てはその中でも最も大切で、慎重な考えと行動を必要とされる分野です。男女に拘らず、この問題に真剣に取り組むことはとても大事なことです。

この大切な学習のためのお手伝いをさせて頂いて、友愛サービスも“社会”について改めて考えさせていただきつつ、お仕事してまいりました。よい社会の未来を築くためのお手伝いは、なかなか緊張感のあるものです。

カテゴリー: ブログ, 会場設営 | コメントする

ちゃったまつりです

7月の最終の土日は≪みなと舞鶴  ちゃったまつり≫です。

今年もこの時期がやってきました。外気の気温は35度を上回っています。台風12号が近づいているという情報もありますが、外の日差しはギラギラと、文字通り真夏日です。

今日は18時から前夜祭で、西市民プラザや西地区商店街でクイーン舞鶴のお披露目や民謡流し&手作り神輿の行列、海上自衛隊舞鶴音楽隊の演奏会が行われることになっています。

そして明日はサマーフェスタ、ちゃったレガッタなど、東地区のイベントが盛りだくさんに行われますが、夕方19時30分からは毎年恒例の“花火大会”が行われる予定です。万一中止の場合は順延ですが、小雨決行なので期待は大です。

友愛サービスは、その花火大会の会場作りのお仕事を頑張っています。

CIMG2899CIMG2902CIMG2904 海岸沿いの岸壁に、客席になる鉄骨と敷板を組みます

CIMG2907CIMG2909CIMG2911 敷板の上にはブルーシートを敷いて、観客の皆さんがじかに座れるように準備をします

CIMG2912   CIMG2917        花火大会による交通規制のお知らせ看板もしっかりと各所に掲示され、舞鶴湾を一望に見渡せる岸壁に、着々と準備が進んでします

明日の花火が楽しみです

 

 

カテゴリー: ブログ, 会場設営 | コメントする

藤織り

7月19日に丹後郷土資料館に会場設営のお仕事で伺いましたが、その時あまりの暑さに涼を求めて入り、見学させていただいた資料館の中に、とても素敵なものを発見しました。

≪藤織り≫ってご存知ですか?

古くは縄文時代から伝わり、私たちの先祖が日常着として、作業着として身体にまとい、命を守るために使われていた大切な衣装として利用されてきていたそうです。4月の終わり頃から6月の初めにかけて、山々を薄紫の花で彩る“山藤”の蔓から生み出された繊維を紡ぎ、糸を撚って織られた布は、綿の普及に伴って衰退し、昭和に入るころには消滅した技術、文化と考えられていたそうです。しかし、この技術は丹後の山深い「世屋」に昭和の時代まで残って伝えられておりました。まさにその技術を伝える最後の一人の方から、丹後資料館の職員の方がその貴重な技術を受け継ぎ、今復活されようとしているそうです。

『原始布』の≪藤織り≫は、山藤の蔓を刈り取り、その木の皮をはがして、不純物を取り除き、洗い流し、その取り出した繊維を紡ぎ、糸にされたものを西陣で使われていた織機で織り上げていきます。手触りはザックリとした感覚とともにサラッとした触感があり、例えるなら厚手の麻布という感じでしょうか。丹後資料館には実際に作業着として使われていた藤織りの半纏が展示され、ちょっとだけ触れることもできますが、何年も前から使用されていた布とは思えない…今出来上がったといっても信じてもらえそうなくらいに…丈夫で清涼感があります。使用感満載の“くたびれた感じ”など、微塵も感じません。

この藤織りを丹後の絹織物と融合させた美術品ともいうべき作品を作られているの遊絲舎さんで、その作品を見せて頂くとともに、お話を少しだけうかがってきました。

IMG_2206IMG_2222IMG_2221 藤の蔓を糸にするまでには、何段階もの大小の手を加えます。これがこの藤布を織るまでの作業の中で一番手間と時間がかかります

IMG_2217IMG_2218IMG_2219 二本の帯の薄茶の部分は藤糸で、他は絹を使った帯地です。衣桁にかかった布はフランスに招かれて展示披露したものだそうです

IMG_2213IMG_2212IMG_2214 いろいろな小物も作られています。コースターは縦糸は絹、横糸が藤糸です。札入れの表面に使われている薄茶の布が縦も横も藤糸を使った“藤織り”です。このように他の素材と組み合わせた作品はいろいろありますが、財布やバッグでも、革の方が先に傷んでダメになる…とおっしゃっていました。藤織りの丈夫さを物語るエピソードです。価格について語るのは…やめておきます。

丹後は縮緬が有名です。でも、その高価な晴れ着として利用されていた織物だけでなく、庶民の生活に生かされていた素材と技術が、今見直されてきているのは、地域振興のためにも、豊かな生活の原点を見直すためにも、おおいに嬉しいことだと思います。

 

カテゴリー: ブログ | コメントする

“海の京都”de高校生

この連休最終日、7月20日“海の日”に、≪丹後郷土資料館≫において、『“海の京都”高校生丹後文化フェスティバル』が開催されました。

友愛サービスはこのイベントのお手伝いをさせて頂くことになり、気分一新でしっかりと頑張ってまいりました。

このイベントは、7月18日から始まった≪海の京都博≫の催しの一環として、地元の高校生の育む文化の力を披露しようというものです。京都北部の高校が、その日頃の取り組みを一堂に会して発表しました。準備の日も、当日も、梅雨明けの強い日差しの中で行われ、まさに夏の到来を実感するものでした。

IMG_2136IMG_2137IMG_2143IMG_2145 会場の丹後郷土資料館は、名勝天橋立を一望に見渡すことのできる絶景の場所に位置しています。そしてここにはその昔丹後国分寺があった、史跡でもあります

IMG_2131IMG_2133IMG_2148  そしてここにステージを組み、テントを6張りたてました。絶景の橋立を借景に、どのようなパフォーマンスが披露されるのか楽しみです

IMG_2151  IMG_2152         そして、少し離れた所に建つ≪大庄屋 旧永島家≫にもテントを立てます。ここでも明日は高校生のパフォーマンスがあるそうです

IMG_2153IMG_2154IMG_2156 フェスティバルは強烈な夏の日差しと、それに負けない高校生のエネルギーを充分に感じさせる熱気の中開催されました

IMG_2160IMG_2162IMG_2165 ≪旧 永島家≫の会場では“語り部”のパフォーマンスが英語で行われていました。さすが現代の高校生はすごいですね

IMG_2166IMG_2167IMG_2168 郷土館の前庭に張られたテントの中では、各高校の生徒さんの作品の即売が行われていました

IMG_2173IMG_2172IMG_2174 テントに校章の染め抜かれた旗を張って母校をアピールする学校もありましたが、テント脇のテーブルには北部の学校の案内がたくさん置かれていました。そして近隣の中学校からはバスで見学に来る生徒さんもいます

IMG_2175IMG_2186IMG_2190IMG_2196IMG_2201IMG_2205 与謝野海支援学校の≪打ち合わせ太鼓≫、舞鶴東高校書道部の≪書道パフォーマンス≫、大江高校ブラスバンド部の≪ジャズ演奏≫と、ステージでの発表もたくさんの観客の方々を感動させてくれました

高校の案内パンフレットをちょっとだけ見ても、私たちが高校生だった時代とはずいぶん内容が変わってきているように思います。これからの日本や地域の文化、経済を支えていく若い皆さんの、エネルギッシュなイベントのお手伝いをできたのは本当に良い思い出になりました。販売されていた新鮮な野菜や、おいしい加工食品、可愛らしい小物の数々。東日本の復興を願ってコメントを集め、子供たちへ送る積み木の仕上げのひと手間を来場者に呼びかけていた皆さん。どれもみなこれからへの期待を確信できる笑顔ばかりでした。

ほんと、暑さにはちょっと参ったけど、皆さんの笑顔が見れて良かった…

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ, 会場設営 | コメントする