え?!・・・・・

前回の投稿にも書きましたが、7月18日14時に京都縦貫道がいよいよ全線開通する運びとなり、9時半よりその開通式が現地≪味夢の里≫で行われることとなっておりました。

“ました”というのは、準備も進むさなかに社長の携帯に中止の決定が伝えられたからなのです。

ここ数日、そして地域によっては16日の午後あたりから台風11号が接近し、影響が心配されておりました。でも、このイベントはどうしてもやるんだ!という主催者側の強い意欲で、準備関係は粛々と進められてきていたのです。なにしろ着工以来34年もの歳月をかけ、9千億もの総工費を費やした大事業ですから、かける思いはいかばかりだったかと思います。

でも、台風はそんな思いは一顧だにせず、ズンズンと予想される進路を突き進み、ちょうど17日に近畿を横切るように上陸してきました。西日本の各地では各種の警報、注意報が出され、避難勧告に従って各避難所に身を寄せている方が多数出たとの情報もありました。

ここ京都北部でも、土砂災害などでJRも運休し、高速道路も寸断されているとの情報でした。しかも、肝心の京都縦貫道も通行止めの箇所が出たとのことで、安全面からも中止の決定は止むを得ないのかと思います。

でも、その直前まで友愛サービスの最強のチームは、午前2時半に現地に入り(17日までの天候ではできないことがたくさんあり…)、開式の時間に絶対間に合わせるぞとの強い決意で仕事を進めました。結果、6時10分には会場設営はあらかた完了し、あとは壇上の生花の準備とか、看板の設置とか、もろもろの細かい仕事に取り掛かるばかりまでにこぎつけました。

そこでちょっとほっとしたところに中止の連絡…当然の判断とはいえ、この仕事に思い入れの強かった社長をはじめ、友愛さんの最強チームはちょっと脱力してしまったことも正直な思いです。

CIMG2876 CIMG2875 CIMG2874  午前2時半真っ暗な中、設営の作業は始まりました。車のヘッドライトが頼りです

CIMG2877CIMG2878CIMG2879 やがて、会場の照明をつけてもらい、明るくなった中で幅12間、奥行き2間のステージの組み上げと、500近くの椅子並べ、そしてひとつひとつの椅子の背には参列者の名札を貼っていきました

CIMG2880IMG_2102IMG_2106 空が白々と明るくなり始めた頃、ようやくステージの準備出席者の椅子の準備が整い、ホッとひといきつけました

ところが、ここで6時に決定された中止の連絡が入りました

CIMG2885CIMG2889IMG_2115 道路上に用意されていた、久寿玉開披のためのステージも久寿玉も急いで撤収

IMG_2116IMG_2118IMG_2125 ステージ上の来賓席も、出席者の椅子に張られた名札も、そしてステージも、段々と片付けが進みます

IMG_2121IMG_2123IMG_2119 片付けは会場だけではありません。前日までに搬入された60インチの8台のモニター、音響機材、各種看板、アドバルーン、狼煙等々が出番のないままに片づけられていきます。30台の無線も使われないままにかえってきました。

今回のようなイベントは、いつでもあるものではありません。多くの地域を、人と経済と文化との交流が円滑に進むよう、そして地域の発展に絶大な力を発揮するであろう、ひとつの事業の完結は、この地域においてはこれからしばらくはないかと思います。

地域の役に立ち、皆さんの役に立って、たくさんの笑顔を楽しみに、これまでたくさんのイベントを手掛けてきた友愛サービスは、舞鶴はじめ京都北部の皆さんの多くの期待を背負ったこの京都縦貫道の完成の喜びを、よりいっそう輝かしいものにしたいと思い、今まで蓄えたノウハウをすべて生かし、全力でこのイベントのお手伝いをさせて頂きました。だから完結させることが出来なかったことは本当に残念でなりませんが、この道路がこれから、安全で便利で地域の発展におおいに役に立っていくことを心から願っています。

カテゴリー: ブログ, 会場設営 | え?!・・・・・ はコメントを受け付けていません。

京都縦貫道が全線開通します!

来る7月18日に、京都縦貫道が全線開通することになりました。

長い間少しづつ進められてきた工事もようやく完成し、京都市内と京都北部を繋ぐ、重要な交通ルートが完全に整備されることになるわけです。この開通式は京都にとっても国にとってもとても重要なイベントで、特に地域の皆さんは待ちこがれていた“その日”なわけなのです。

その日に一週間先だって、開通してからでは不可能な高速道路の“フリーウォーク”がたくさんの市民の皆さんを迎えて実施されました。縦貫道のSA≪味夢の里≫を出発点に、2000人ウォークと銘打って募集をかけた参加者は、主催者の予想をはるかに裏切り、3000人以上も応募があったそうです。

友愛サービスはこのイベントのお手伝いをさせて頂くことになりました。テント22張り、机100卓、椅子500脚を提供させて頂きましたが、このイベントには他の会社さんもテントや机、椅子を提供されていて、つまり50張以上ものテントがズラリとならんだ、相当に大掛かりなイベントでした。

ここに参加された皆さんは、“とにかく大勢”で、正確な人数はわかりません。

CIMG2862CIMG2847CIMG2829 久寿玉も割られ、フリーウォークのスタート地点にはエアアーチがたてられました

CIMG2832CIMG2834CIMG2835 開通すれば駐車場になる広場では、多くのテントが立ち並び、交通に関する知識と意識を高める呼びかけや、この縦貫道を使って訪れることのできる京都北部丹後の地域の紹介ブースが並んでいます。

CIMG2836CIMG2839CIMG2873 展示には話題の自動車“MIRAI”も展示され、そのそばには雪深い地域ならではの大型の除雪車も披露されています。除雪車には見学の小さなお子さんが試乗して、普段見ることのできない視点からの景色にちょっとばかり興奮気味でした。

CIMG2844CIMG2846CIMG2871 イベント事にはお約束のゆるきゃらたちも勢揃い

CIMG2849CIMG2855CIMG2866 広場に組まれステージでは警察の音楽隊の演奏と、チアの皆さんの颯爽とした旗の演技が披露され、イベントを盛り上げていました。このイベントで目立ったのがスーパーマリオの扮装をした方々で、お髭までしっかりと…とてもチャーミングでした

CIMG2842CIMG2863CIMG2867 広場の真ん中に建てられた建物のスペースには地域の特産品の販売と、地域の美味しいものを提供するフードコーナーがあって、ここも大賑わい。たこ焼き頼んだら15分も待ちました。でも…正直いって、かなり美味です。

CIMG2817   CIMG2818

開通式は7月18日です。友愛サービスはここでもお手伝いさせていただきます。この地域にとって一大イベントを手伝わせていただくことは大きな誇りでもありますが、今、とても緊張して準備を進めています。

本当にこの縦貫道の開通は、京都と舞鶴にとって、安全と地域発展のために大きな分岐点になります。成功して、皆さんに心からの笑顔で喜んで頂けるよう、力いっぱい頑張ります。

カテゴリー: ブログ, 会場設営 | 京都縦貫道が全線開通します! はコメントを受け付けていません。

市展が始まりました

今年も≪市展≫が開催されています。

期間は6月17日から21日まで。“絵画”“写真”“日本画・書・工芸美術”の三部門で会場が分かれていますが、今回友愛サービスは“絵画”の展示のお手伝いをさせて頂きました。

IMG_2088IMG_2078IMG_2089 場所は赤れんが4号倉庫。平日にもかかわらず、観光に訪れた皆さんが、赤れんが倉庫群の風情を楽しみながら展示会場にも興味をもって覗いておいでになっています。

IMG_2079IMG_2082IMG_2080 会場内にはグルリとパネルが並べられ、今回の市展に入選・受賞された皆さんの作品が並べて展示されています。市の職員の皆さんも空き時間(お昼の休みかな?)を利用して真剣に作品に見入っていらっしゃいます。

IMG_2083IMG_2081IMG_2084  作品の色合いなどを、はっきりと際立たせてみて頂くためのライトもズラリと並んでいます。窓からの自然光とうまく調和がとれて、素晴らしい作品の数々を、いっそう美しく見せています。このライトは友愛さんの社長の閃きアイデアの産物ですが、こんな時には欠かせないアイテムです。

舞鶴のこの市展は今年で47回目になります。今回改めて作品を見せて頂くと、そのなかなかなレベルにちょっと感動しました。観光においでになった皆様も、ちょっとしたサプライズスポットに喜んでいらっしゃいました。来年も楽しみです。

カテゴリー: ブログ, 会場設営 | 市展が始まりました はコメントを受け付けていません。

舞鶴田辺城まつり

 

upが遅くなりましたが…

今年も田辺城まつりが開催されました

IMG_2020IMG_2019IMG_2018 祭りの旗も街中のそこここにたてられ、たくさんの露店も出展されて、たくさんの人が親子連れで祭りを楽しみました。

IMG_2021IMG_2022IMG_2023 場内の敷地には旗指物が並べられ、今年もお茶席がしつらえられました。ここお茶席のテントは友愛さんプレゼンツです。

IMG_2019IMG_2025IMG_2026 IMG_2024 各町の芸屋台もそろって街中を巡行し、子供たちのたたく太鼓の音は舞鶴の町中を元気づけるように響き渡っておりました。

IMG_2028IMG_2029IMG_2030 今年は民団の皆さんの韓国舞踊も巡行に参加、披露されました。艶やかな色遣いの衣装と、賑やかな音曲のバランスがとても良くて、日ごろ舞鶴の街ではなかなか目にすることのできない異国情緒が新鮮でした。

このお祭りが終わると…いよいよ露から夏へと、季節は移ってまいります。舞鶴の海も夏の楽しみを用意して、たくさんの人のおいでを待っています。

カテゴリー: ブログ | 舞鶴田辺城まつり はコメントを受け付けていません。

艦これ!

去年も舞鶴で行われたイベント“艦隊コレクション”が、また赤れんがパークで行われました。

“砲雷激戦よーい 舞鶴鎮守府オンリーイベント”ということで“聖地舞鶴”の町おこしは、今年も華やかに開催されました。とにかく華やかです!

IMG_2008IMG_2012IMG_2006  大勢集まってきた艦これマニアの皆さんは、思い思いのキャラクターに扮して、赤レンガパークの注目を集めています

IMG_1984IMG_1985IMG_1997IMG_1989 赤れんが5号棟の中で行われるグッズショップを目当ての皆さんの行列は、開場の3時間も前からできはじめ、みるみる長蛇になっていきます。でも、よく見ると本物の水兵さんが大勢混じっていて、このイベントにリアルさを添えてくれています。来場者のお車も、なかなかステキにデコレーションされています。どうもこれもマニアの自慢のようです。

IMG_2009IMG_2010IMG_2011   開場した5号棟はやっぱり大盛況。ゆっくりと品物を眺めている隙間はありません。

IMG_2002IMG_2003  軍艦の細密な模型も即売です

IMG_2001IMG_1990  広場ではたくさんのテントの売店や、地元漁師さんのアワビやサザエのバーベキューが人気です

IMG_2000IMG_1994IMG_1991  4号館でもおいしいグッズの売店が出ております。そして可愛らしいお食事コーナー“間宮”も… プリン、おいしかったデス

IMG_2007  間宮のお姉さんたちも艦コレファッションに身をつつみ… IMG_1995 金曜日はカレーの日!ということで、友愛さんプレゼンツの2929カレーも販売コーナーに並んでおりました。

町おこしのイベントもいろいろありますが、こんな風に若い方たちが大勢集まってくださるのもなかなかいいもんです。そして、友愛さんもできるだけのお手伝いをさせて頂くことで、やっぱり舞鶴の皆さんのお役にたててる…と、ちょっとうれしくなります。

 

 

 

カテゴリー: ブログ | 艦これ! はコメントを受け付けていません。

アドバルーン!

ここへの記載がちょっとだけ遅くなりましたが…

5月2日宮津市の浜町地区で商工会議所の主催する≪満腹祭≫が行われました。『宮津の旬・ぜいたくを味わう場所づくり(地域振興拠点)の実現に向けた実証実験企画』ということで、たくさんの地産の“うまいもの”が出揃いました。

友愛サービスは、ここでアドバルーンを上げてそのPRに一役かう、というお手伝いをさせて頂きました。

CIMG2772CIMG2769CIMG2766   建物の屋上からたかぁ~く上げると、青い空に赤いアドバルーンがきれいに映えます

近頃はアドバルーンを見かけることも少なくなってきました。でも、こんな風に空高くフワフワと揺らぐアドバルーンの姿は、人の心に長閑さを掻き立ててくれます。

満腹祭も終わり頃にはすっかりと売り切れ店が続出で、結構な人出でにぎわっていましたよ。安さにひかれて買い求めた干物はやっぱり美味しかった!

 

カテゴリー: ブログ | アドバルーン! はコメントを受け付けていません。

「らくよう」竣工式

京都府の海は日本海、若狭湾に面しています。獲れる魚もブリにアマダイ、サワラ、カレイ、メバル、アワビ等々の他、冬にはカニが特産です。「丹後とり貝」や「丹後グジ」などの名産品もあります。

海はたくさんの資源を育ててくれます。京都北部が豊かな食材に恵まれているのも、海のおかげでもあります。

その海にも違反操業や密猟といった困った出来事が少なからずあって、これらを取り締まるために京都府水産事務所では漁業巡視艇をもっています。この度老朽化した旧「らくよう」の代わりに新しく能力アップした新「らくよう」が正式にお目見えし、竣工式が催されました。

CIMG2735CIMG2733CIMG2737 船体は軽合金アルミ製で、総トン数60トン。進装置がウォータージェットに変わり、ワイ高速度38ノット(時速約70㌔)を出すことが出来ます。

CIMG2713CIMG2714CIMG2716  竣工式の準備は友愛サービスがしっかりとお手伝いさせていただきました

CIMG2718CIMG2722CIMG2725CIMG2732 いろいろと細かい準備も怠りありません

CIMG2745CIMG2750CIMG2760  たくさんの漁業関係者を前に、来賓の皆さんの挨拶があり、テープカットも滞りなく行われました。

ルールを守って海のレジャーも楽しんでもらいたい、と、らくようの船長さんもおっしゃっておりました。

これから大型連休や夏がやってきます。日本海の魅力を存分に味わって楽しんでもらうためにも、「らくよう」は活躍します。

カテゴリー: ブログ | 「らくよう」竣工式 はコメントを受け付けていません。

大川神社遷宮式

この度、舞鶴の由良川沿いにある大川神社御旅所の≪野々宮神社遷座奉祝祭≫が執り行われました。

この近隣でも指折りの由緒ある大川神社の境内社である野々宮神社は、古くから由良川鎮護・海上安全の神様として崇められてきました。この度大川地区築堤建設のために移転することとなり装いも新たに調えられた新社殿へ、神様にお遷りいただく儀式が、多くの参列者の見守る中、古式に則り厳かに営まれたのです。

CIMG2709CIMG2557CIMG2559CIMG2566CIMG2564CIMG2561  由良川沿いの大川神社。野々宮神社の新社殿は、陽光に映えて神々しい様を見せてくれています。洪水対策のためもあり、新社殿は約2mかさ上げして作られ、神輿が入る覆屋も設けられました。

CIMG2572CIMG2570CIMG2645 準備も整い、氏子さん達等の参列者もたくさん駆けつけました

CIMG2591CIMG2595CIMG2609CIMG2622 CIMG2633CIMG2631 CIMG2634  たくさんの参列者と神職にに見守られ、社の御霊は白布に覆われて新社殿にお移りになりました

CIMG2638CIMG2639CIMG2642CIMG2643  なかなか出会うことの少ない雅な儀式はたくさんの報道陣も集めました

CIMG2649CIMG2655CIMG2659CIMG2683  儀式の間は雅楽が奏されています。仮の御座所に捧げられていたお供え物も新社殿に移ります

CIMG2690CIMG2700CIMG2707CIMG2701 儀式は最後に二人の舞姫による「浦安の舞」で締めくくられました

めったにお目にかかれない、古式ゆかしいこの儀式のお手伝いをさせて頂くことが出来て、友愛サービスも本当に心が洗われる心地のお仕事でした。きっといい御利益がいただけるのではないかと、若干の期待ももちつつ、ひたすら無心になってお仕事をさせて頂きました。

カテゴリー: ブログ | 大川神社遷宮式 はコメントを受け付けていません。

ロストラル

最近は大型の客船が港みなとに寄港する、大型クルーズツアーがはやりのようです。昨年度は舞鶴にもたくさんの大型客船が入り、大勢のお客様が舞鶴を中心とした京都北部を楽しまれたようです。

さて、今年もいよいよクルーズの季節がやってきました。

今回はフランス国籍の大型客船『ロストラル』がやってきました。

CIMG2525CIMG2527CIMG2526 艫にはフランス国旗がたなびき、優雅でシャープな姿は、他の大型客船に比べるとやや小型ではあるものの、完璧なプリンセスのイメージです。

IMG_1957IMG_1959IMG_1958 船首から見ても、船尾から見ても堂々たる存在感は見事です。お客様方の観光の移動のために大型バスが用意されています。ロストラルの船室は132、定員は264名だそうです。

CIMG2535CIMG2533IMG_1954CIMG2537 友愛サービスは、去年に引き続きこの大型客船の歓迎イベントのためのお手伝いをさせて頂きました。何しろ国際航路の客船ですから、外国からのお客様も大勢いらっしゃるので、税関代わりのテントの用意も必要です。

CIMG2531CIMG2532CIMG2529CIMG2556 ものものしい税関の職員さん達も設営に立ち会い、いろいろと指示を出されます。

ロストラルは朝の7時に港に着きました。出港は夜の7時です。まるまる12時間を楽しまれたようです。いい思い出が出来たのなら嬉しいのですが。

CIMG2545CIMG2548CIMG2552 明りに彩られ、いっそう優美さを増した姿の残影を後に、静かにロストラルは出港していきました。

これをきっかけにまた舞鶴に来てみようかと思ってくれる方が増えてくると、友愛さんとしてもお仕事頑張った甲斐があるんです。

 

 

カテゴリー: ブログ | ロストラル はコメントを受け付けていません。

西大浦バス新車両出発!

西大浦地区の皆さんが、2004年から生活や通学の足として使われていた自主運行バスの、新しい車両がスタートしました。

これまで平日一日4往復≪瀬崎←→千歳←→大浦小前←→浮島←→東舞鶴駅前≫のルートを、通学や通院など生活の大切な足として利用され、一日平均約50人が乗車していました。しかし47人乗りのバスは運行開始から44万キロ走行で老朽化が目立ち、この度市の補助を得て新バスを購入し、スタートすることになりました。新しいバスは33人乗り。これからも通勤、通学、通院等の生活の足としてだけでなく、観光客を迎える交通機関としても活躍してくれることを、地元の皆さんは期待しておられます。

CIMG2498CIMG2502CIMG2509CIMG2505 さわやかな潮風の吹く海岸線を走るバスは、それだけでも絵になるかもしれません

CIMG2503CIMG2513CIMG2519 一日4便でも西大浦地区の皆さんには大切な足です。大きな期待を寄せての出発式。テープカットのメンバーに、地域の皆さんの期待が表れています。

友愛サービスは、この大切な大切なイベントに、力いっぱいお手伝いさせていただきました。みなさんの笑顔に、おもわず友愛さんも笑顔になります。

カテゴリー: ブログ | 西大浦バス新車両出発! はコメントを受け付けていません。